小児歯科

お子さんの虫歯はご両親の管理が大切です

生えてきたばかりの乳歯や永久歯は虫歯になりやすく、進行もとても早くなります。
お子さまが虫歯にならないように食生活に気を付け、正しい歯みがきの習慣をつけるなど、ご両親の管理がとても大切になります。

年齢別予防法

1~3才

この時期は、定期検診がとても重要です。
小さい子どもへ負担のかからない低濃度のフッ素塗布と、保護者の方への食事・歯磨き指導を中心に行います。

3~5才

定期検診をしっかり行ってください。フッ素塗布、食事指導の他、子どもが自分で正しく磨けるように歯磨き指導を行います。

6才

「六才臼歯」がはえてくる大切な時期です。はえたての歯は虫歯にかかりやすく、咬む面の溝が深いので磨き残しが多くなります。六才臼歯が顔をだしたら一度ご来院ください。

6~12才

成人の方と同じ予防処置を行なっていきます。
一般歯科について詳しくはこちら

お子さんの歯を強くするために気をつけること

寝る1時間前の飲食を控える

この時期は、定期検診がとても重要です。
小さい子どもへ負担のかからない低濃度のフッ素塗布と、保護者の方への食事・歯磨き指導を中心に行います。

甘いものを長時間何度も口にしない

糖分を口にすると、虫歯菌が酸を出し、歯が溶けはじめます。
しばらくするとだ液の力によって酸の中和と、再石灰化(溶けだしたミネラルが歯の表面に戻る)がおこなわれ、元の状態に戻っていきますが、甘いものを長時間口にしたり、一日に何度も口にしたりしていると、ずっと歯が溶け続けている状態になってしまいます。

かみごたえがあるものを食べる

「かみごたえ」=「硬さ」ではありません。
歯ぐきの柔らかい子どもに急に硬いものを与えても、歯ぐきを痛め、子どもは硬いものを嫌いにするだけです。
お薦めは根菜、干物や乾物、するめ、ドライフルーツを食事やおやつに適量取り入れましょう。

フッ素入り歯磨き用品を使う

フッ素入りの歯磨き剤、フッ素入りジェルなどで、少しずつではありますが歯そのものを丈夫にすることができます。

<歯科医院で行うお子さんの予防歯科>
フッ素塗布
フッ素がより効果を発揮するのは永久歯が生えてきた時期の歯です。
生えたての歯にフッ素によるケアを行うことで、より効率的なむし歯予防につながります。
3~6ヶ月間隔でフッ素塗布をすることにより、より効果的に歯を強くすることができます。
  • 一般歯科
    患者様と一緒に治療を進めるよう心がけています。
    詳しくはこちら
  • 小児歯科
    お子さんの虫歯はご両親の管理が大切になります。
    詳しくはこちら
  • 歯周病
    初期段階では気付きにくいため、最も身近な感染症です。
    詳しくはこちら
  • インプラント
    失ってしまった自分の歯を取り戻すことができます。
    詳しくはこちら
  • 義歯(入れ歯)
    1人ひとりに合ったものをオーダーメイドいたします。
    詳しくはこちら
  • 根管治療
    土台となる根管をしっかり治療しておく必要があります。
    詳しくはこちら
  • 予防処置
    長年維持していくために、虫歯や歯周病を未然に防ぐ予防処置が重要です。
    詳しくはこちら
  • 矯正歯科
    気になる歯並びや上手くいかない噛みあわせを矯正しませんか?
    詳しくはこちら

医院のご案内

  1. 鵠沼アルカディア歯科・矯正歯科
  2. 茅ヶ崎アルカディア歯科・矯正歯科
  3. 二俣川アルカディア歯科・矯正歯科
  4. アルカディアインプラントセンター